発生要因を無くすためにAGAを予防する方法を知ろう!

ストレス発散の方法を決めておくことでAGAを予防できる!

AGAを予防しよう

AGAを予防するためには、若いうちから予防しておくことが大切です。以下では、AGAを予防する方法を解説します。また、毎日行うシャンプーの方法を工夫することで、AGAを防ぐことができます。

発生要因を無くすためにAGAを予防する方法を知ろう!

男の人

栄養をしっかり摂ろう

AGAは若い人でも発症するので注意が必要です。AGAを予防するためには、食生活を改善することが大切です。髪に必要な栄養素である、タンパク質・亜鉛・イソフラボンを意識して摂取するようにしましょう。髪の毛の約90パーセントがタンパク質で構成されています。肉や卵、豆類等を積極的に摂ることが大切です。亜鉛・イソフラボンも、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制するので、大切な栄養素です。また、生活習慣を改善することもAGAを予防するために必要なことです。睡眠不足・喫煙・飲酒・運動不足は、血行不良を招きます。血行不良だと、髪の毛に十分な栄養素を送ることができないので、髪の成長を妨げてしまいます。そのことは、薄毛に繋がってしまうので、生活習慣を見直すことが大切なのです。

ストレスはAGAの原因になる

AGAを予防するには、ストレスを発散することも重要です。過度のストレスを抱えていると、神経のバランスが崩れてしまい、頭皮への血流量が減少してしまいます。血流量が減少すると、頭皮に十分な栄養素を送ることができないので、AGAを引き起こしてしまう恐れがあるのです。ストレスの発散方法を決めておくことや、自分に合ったリラックス方法を明確にしておきましょう。

AGAに効く正しいシャンプーの方法

ブラッシングで汚れを落とす

まずは、ブラッシングを行って、汚れやほこりを落としましょう。シャンプー前に汚れやほこりを落とすことが大切です。また、ブラッシングすることで、頭皮に付着した汚れを浮かせることができるので、シャンプーを効果的に行うことができます。

予備洗いをする

ブラッシングで軽く汚れを取り除いたら、ぬるま湯で予備洗いを行いましょう。予備洗いは、ブラッシングで浮かせた頭皮の汚れをすすぐイメージで行うことが大切です。お湯の温度が高いと頭皮が乾燥してしまうので、ぬるま湯で行うことを意識しましょう。

シャンプーをつけて洗う

ぬるま湯で頭皮の汚れを落としたら、シャンプーで髪を洗います。シャンプーは直接頭皮につけず、髪につけることを意識しましょう。髪につけて泡立てた後に、その泡を使って、頭皮を傷つけないように優しく洗うことが大切です。

しっかりと洗い流す

そして最後は、しっかりとシャンプーを洗い流すことが大切です。髪をすすぐ際も、頭皮を傷つけないように優しく洗い流しましょう。シャンプーが頭皮に残らないように、十分すすぐことが重要です。シャンプー成分は頭皮のトラブルを引き起こしかねません。

広告募集中